人材派遣の面接の前にキャリアプランを立てるべき?

キャリアプランで道筋を示す

キャリアプラン仕事をする上で将来のキャリアプランをしっかり立てる人と、別段そうした先の目標を立てないで今を生きていくタイプの人がいるかもしれません。

どちらのほうが絶対良いと言うことはできませんが、ある程度のキャリアプランを立てておくならばそれを目標にしてモチベーションを上げていくことができるも確かです。

人材派遣の面接の際には短時間であなたのことを知ろうと面接官が色々なことを尋ねてくると思います。

その際この先のある程度のキャリアプランがあると、なるべくそれに沿ったお仕事を案内したいとイメージを膨らませやすくなるかもしれません。

キャリアプランは必要か?

「将来なりたいものはなにか」という質問はよく小学生の時に聞かれる質問であり、昔であれば卒業文集に書いてあったりしたものです。
ある意味人は子どもの頃からキャリアプランというものを漠然と立てるものなのです。

もちろんそうした将来の目標というものは変化もし、挫折することもあり、成功することもあります。
プロサッカー選手であれば幼少の頃からサッカーに打ち込み、将来の目標はサッカー選手と明言していた人が多いでしょう。

彼らのように人生のキャリアプランを早い段階で達成する人もひと握りながらいらっしゃいます。
しかし多くの人にとってキャリアプランというと主に高校教育以降、将来の仕事のことを考えて立てるプランのことを指すことでしょう。

高校時代からキャリアプランをしっかり持って頑張っている場合かなりしっかりした学生生活を送っているなという印象を受けるかもしれません。
一方実際に就職する時や、あるいは仕事を始めたあとにキャリアプランを立てても決して遅いわけではありません。

キャリアプランを立てるのに、遅すぎるということは決してないのです。
人材派遣の面接などでキャリアプランをはっきりと口に出すということは、人に自分がどんな目標を持っているかを示すチャンスであり、有言実行を目指す上でとても良いことです。

キャリアプランを作ることの有用性

キャリアプランの有用性さて、人生経験が増えていくと、自分の一年先の将来も自分が思い描いていたものとずいぶん違うものになるものだということがわかってくるものです。

中には自分の思った通りにはならないものだから、キャリアプランなど立てても無駄だと思う人もいるようです。

あなたはどうお感じになるでしょうか?キャリアプランを立てることには本当に意味があるでしょうか?

キャリアプラン通りに物事が進まないということは当然よくあるものですが、必ずしも思い描いた通りに進まなければ意味がないわけではありません。
キャリアプランの有用性はもっとポジティブなものです。

例えば向こう10年ほどのキャリアプランを立てるならば自分が今やるべき事がハッキリしてモチベーションを高く保つ助けになる場合が少なくありません。
キャリアプランに付随して「いついつまでにこの資格を取得する!」と言ったかなり具体的な目標も持ちやすくなることでしょう。

それでキャリアプランというのは決して絵に描いた餅のようなものではなく、人の成長に資するものと言えます。
一方自分の立てた計画が頓挫すると一気にやる気を失ってしまうタイプの人もいます。

キャリアプランを立てたものの思ったプラン通りに物事が展開しなかったとしても失望しすぎないように気をつける必要があります。
キャリアプランがもたらす最大の益はそのプラン通りに進めることよりも、そのプランを目指す努力の過程で得る様々な経験や知識だからです。

人材派遣の面接で提示するキャリアプラン

では人材派遣の面接ではどのようなキャリアプランを提示することができるでしょうか。
人材派遣会社はあなたに適した仕事を複数考えるものですから、あまりに限定的なキャリアプランを立てて細かく条件を突きつけるならばなかなかお仕事の紹介も難しくなるかもしれません。

一方で、だいたいの分野や自分の得意な事柄、将来的にやりたいジャンルを提示するならばどんな職種、職場を紹介できるかイメージを持ちやすくなるでしょう。

それでこの先やっていきたいと思っている業界や職種を思い描いてそれをキャリアプランとして提示することができるでしょう。

「こういう資格を取りたい」といった具体的なことももしあれば面接官に伝えておくと良いかもしれません。
キャリアプランは必ずしも必須のものではありませんが、同時にあなたの成長を助けるものともなり得ますので、試しにじっくり考えて立ててみるのはいかがですか?

面接の前にキャリアプランを立てるべき?

1.キャリアプランがあるとより具体的な道筋を示すことができるかもしれません
将来のプランをしっかり立てる人とあまりそうしたことを決めずに自由にやっていく人と分かれるかもしれませんが、人材派遣の面接の際、ある程度のキャリアプランを提示するならお仕事の紹介のイメージが湧きやすいかもしれません。

2.キャリアプランは必要か?
人は知らず知らずキャリアプランを立てているものです。
多くの人にとって就職の前後がキャリアプランを立てる時期かもしれませんが、仕事を始めてからでもキャリアプランを立てることは良いことです。

3.キャリアプランを作ることの有用性
キャリアプランを立てることの真の益は、そのプラン通りになるということよりも、立てた目標をかなえる努力の過程で得られる経験や知識なのです。
それでプラン通りに進まなかったとしてもキャリアプランの益はあなたに及びます。

4.人材派遣の面接で提示するキャリアプラン
人材派遣の面接では細かすぎるキャリアプランを提示することは避けたほうが良いかもしれません。
しかし将来進みたい分野や取得したい資格などある程度のイメージを伝えるならばお仕事紹介に役立つかもしれません。