人材派遣の面接の退室にはどんなマナーがあるの?

人材派遣の面接は退室時にもマナーがあります

人材派遣の面接では、入室時はもちろん、退室時にもいくつか押さえておくべきマナーがあります。

つい入室時のことばかりを意識してしまいがちですが、面接が終わって気が緩みがちな退室時にこそ注意すべきポイントはあります。

例えば、人材派遣の面接の退室時にはどのタイミングでお辞儀をするのか、どのタイミングで挨拶をするのか、上着はいつ着ればよいのか、など実は細かいマナーがあるのです。

入室してから面接までは細かい部分までチェックして練習していたものの、退室時のことはほとんど考えていなかった、という人も多いと思います。

ついつい忘れてしまいがちな部分ですので、退室時のマナーも抜かりなくチェックしておけば他の人材派遣の面接者と差をつけることができるはずです。

面接退室時にもお辞儀を必ずします

面接退室時には椅子からまず立ち上がって礼をします。

立ち上がって一言「お忙しいなかお時間を割いていただきありがとうございました」と面接をしてくれたことに対してお礼を伝えて、お辞儀をします。

この時のお辞儀は、45度程度まで腰を曲げる深いお辞儀になります。

会釈ではないため十分に注意してください。

そしてドアの方まで歩いたら、ドアを出る前で面接官にもう一度お辞儀と挨拶をしてください。

この時のお辞儀は、30度から45度と比較的深いお辞儀になります。

そしてドアを開けますが、ドアを開けるときには面接官に対して完全にお尻を向けてしまってはいけません。

少し後ろ向きくらいの角度でドアを開けるようにしましょう。

そしてドアから出たら面接官と目を合わせつつ、静かにドアを閉めてください。

この時に面接官と目を合わせなかったり、ドアを大きな音を立てて閉めてたりしてしまうことがないようにしましょう。

入退室時のマナーだけでなく身だしなみにも注意します

入室時にはもちろんですが、退室時、そして面接中の身だしなみにも注意しておくようにしましょう。

どれだけ入室、退室のマナーが完璧だとしても、身だしなみを整えていなければ全てが台無しです。

例えば、爪が伸びているということです。

爪が伸びていると不潔で、生活にメリハリのない人であると思われてしまうかもしれません。

様々な派遣会社の面接を受けている場合には、毎日とても忙しいかもしれませんが、身だしなみにも十分に注意をしなければなりません。

爪なんて誰が見ているの?と思われるかもしれませんが、履歴書などを手渡しする時に爪の先までチェックされる、ということがよくありますので、気を抜いてはいけません。

そのような細かい部分こそ、面接官は驚くほどしっかりと観察しているものです。

もちろん、体臭や香水など臭いが強いのもよくありません。

体臭はもちろん相手を不快にさせますが、香水を必要以上に使用していると面接会場を香水の臭いでいっぱいにさせてしまうこともあるかもしれませんので、注意してください。

コートは入室時に椅子か荷物の上にかけます

面接の退室時には、どのタイミングでコートなどの上着を手にするべきなのか、疑問に思われる方も多いようですが、鞄を手にする時に一緒に手にとって持ったまま退室してから着るようにしてください。

では、そもそも入室時、コートはどこにかけておくべきなのでしょうか。

コートは入室前には綺麗に畳んでおくようにしてください。

そしてコートをかける場所は、隣に準備されている椅子や、荷物の上におくようにしてください。

隣の椅子が空いていてスペースがあるのなら、コートを置いて良いのかを確認して、許可が出てからおくようにしてください。

また、自分の鞄の上に置くのが普通です。

面接控室が準備されておらず、面接室で面接官を待つこともありますが、面接官が入室するまでに座っていても良いですし、立ったまま待っていても良いですが、面接官に許可をとるまでは膝の上に荷物やコートを置いておきましょう。

鞄やコートをすべてきれいに椅子に置いておく、というのではなく許可をとるのが基本です。

(まとめ)人材派遣の面接の退室にはどんなマナーがあるの?

1.人材派遣の面接は退室時にもマナーがあります
人材派遣の面接で退室時には注意すべきポイントがあります。

お辞儀のタイミングなど把握しておくべき退室時のマナーがあります。

覚えておくだけで、他の面接者と差をつけることができます。

2.面接退室時にもお辞儀を必ずします
退出する時には面接官に対して面接をしてくれたことへの感謝の気持ちと、お礼の気持ちを込めて挨拶とお辞儀をします。

そしてドアを開ける時と閉める時には、面接官に失礼にならないようにしてください。

3.入退室時のマナーだけでなく身だしなみにも注意します
入室時や退室時のマナーだけではなく、身だしなみにも注意してください。

身だしなみに手を抜いてしまうと、どれだけ入退室時のマナーがしっかりしていても意味がなくなります。

4.コートは入室時に椅子か荷物の上にかけます
面接の退室時にはコートや鞄を忘れないようにして、コートは退室してから着るようにしましょう。

また、入室時にはコートや鞄をどこにおくのかを面接官に直接確認してください。