人材派遣の面接にしていく腕時計は?

フォーマルな時計やクラシカルな時計が無難です

efc05f6f5e1d4f218390430de9361b2d_s
人材派遣の面接は人材派遣会社が雇用する企業の代表者と求職者を引き合わせるようにしてセッティングするのが一般的で、正社員の面接と比較すると仲介者がいるかいないかという差がありますが、面接の内容や守るべきルール、マナーは基本的には同じとなります。

時計は数ある身だしなみのマナーの中でも良い例で、時計を付けずに面接へと臨むのは良い評価を与えませんので注意したいところです。

最もいけないのは面接などのフォーマルなシーンなのにも関わらず携帯電話で時間を確認することで、もしも腕時計を付け忘れた場合でも先方の担当者と真面目な話をしている際に携帯電話を取り出さないように注意が必要となります。

世間一般的にはフォーマルなデザインの腕時計やクラシカルなデザインの腕時計がスーツにも合い、マナー面を考慮しても無難と言えます。

それとは逆に、派手なデザインの腕時計やカジュアルなデザインのものなどは同じ腕時計でも場違いで、悪い印象を与えることにつながりますので注意してください。

面接で時間の確認に携帯電話を使用することは好まれません

科学技術は日進月歩、新しい製品は波のようにとめどなく押し寄せてきており、新しい技術を手にする人も多くなってきました。

時間を正確に知ることのできる時計ですが、腕時計を用いずとも町に出ればあちこちに設置されていますし、携帯電話やスマートフォンの待ち受け画面を見ても時間を知ることができます。

それならばわざわざ腕時計をしなくても良いのではないか、と思うのも当然ですが、フォーマルなシーンにて携帯電話を見るという行為は相手の存在を無視して他の人とのコミュニケーションを優先しているようにも見えるため、人によってはこの行為を嫌うことがあり、そのため面接やビジネスの現場などでお話をしている際に携帯電話を使用することは辞めた方が良いというわけです。

しかしながら、このような考え方をする人も近年では減ってきており、携帯電話を用いて遊んでいるのでなければ問題無いとしている人も多くなってきていますが、いくら少数でも不満を覚える人がいる以上、面接の際には携帯電話を見ないような環境にしておく方が無難と言えるでしょう。

腕時計さえしていれば面接に通っていたなど、その程度のミスだけでチャンスを無駄にしてしまうのは賢いやり方とは言えません。

腕時計を付けるだけでぐっと印象が良くなります

1dbdbb16d0eda5b8fbec40820fc78c45_s
腕時計を付けて面接に臨むべきもう1つの理由は、見た目の印象という点にあります。

腕時計がスーツの袖からちらりと見えると、社会人らしさが垣間見えることになり、時間をきっちりと守るという印象を与えることになります。

時間が守れるということは社会人として最低限必要となるマナーであり、またこれを堅く守れない人も少なくないことから、雇う側の目には魅力的な人材と映ることになります。

時間をないがしろにする人は、ビジネスシーンにおいて考えを深めるとするならば、取引先の人との待ち合わせをしたにも関わらず時間に遅れてしまい、相手の機嫌を損ねることにもつながりかねません。

そうなれば利益が損失へと早変わりしてしまうため、人材を選ぶ段階からそういったリスクを軽減させるためにも、時計をつけている人が選ばれやすいという傾向にあると言えます。

シンプルで上品なデザインの腕時計を選びましょう

腕時計を付けて面接に臨むことはマストとして、それではどのような腕時計ならば抗印象につなげられるのでしょうか。

面接に付けていく腕時計は派手なブランド品のようなものでは悪印象を与えることにもつながりますので、シーンをわきまえた適切なデザインのものを選んでいく必要があります。

万人受けして多くの人に好まれるシンプルなデザインならば良い印象へとつながりますので、ベルトに柄が入っていない、黒や茶のベルトのクラシカルなデザインの腕時計をしていくと良いでしょう。

女性も同様にあまりに派手なデザインの時計は避けるべきです。

(まとめ)人材派遣の面接にしていく腕時計は?

1.フォーマルな時計やクラシカルな時計が無難です
人材派遣の面接にしていく腕時計は、フォーマルなデザインかクラシカルなデザインのものを選ぶのが基本です。

派手なデザインやカジュアルなデザインは場違いであまり良い印象を与えませんので注意してください。

2.面接で時間の確認に携帯電話を使用することは好まれません
大切なお話をしている時に携帯電話を使用することは、お話をしている相手への不敬につながるため、できれば使用しないようにしておくのが無難です。

小さなミスだけでチャンスを無駄にしないように注意してください。

3.腕時計を付けるだけでぐっと印象が良くなります
腕時計を付けているか否かによって、人が受ける印象は大きく異なることになります。

時間を守らない人は企業に損失を与える可能性が高く、リスクを減らすためにも企業は人材剪定の段階で細かな部分まで見ることになります。

4.シンプルで上品なデザインの腕時計を選びましょう
シンプルなデザインは万人受けして良い印象を与えることにつながります。

派手なデザインの時計は避け、ベルトには黒や茶色といった地味目な色を、文字盤についても派手過ぎないものを選ぶと良いでしょう。