人材派遣の面接にノージャケットで行っても大丈夫?

指定がない限りノージャケットで人材派遣会社の面接に行くのは好ましくありません


結論から言えば、クールビズでお越しくださいなどといった指定がない限りはジャケットを持参し、ノージャケットでの訪問を避けた方が無難です。

人材派遣会社の面接に限らず、採用のポイントとして見た目がしっかりとしているかどうかは非常に重要ですので、その会社に合った服装をする必要があります。

ただし、「クールビズでお越しください」であったり「ノージャケット・ノーネクタイでお越しください」といった文言が使われている場合には、ノージャケットで行って構いません。

ノージャケットを良しとしている会社は、涼し気な見た目を求めていることが多いですし、訪問する側としても汗だくの状態で面接を受けずに好印象を与えることができます。

身だしなみの整った見た目ということが大切です

面接に行くときの服装とは、その人の意思を態度をそのものを表わしているといっても過言ではありません。

人材派遣会社から指定が無い場合にジャケットを着て面接に挑むということは、それだけ会社の気持ちを配慮することができるしっかりした人だという印象を与えることができます。

また、夏場日光の照らす中スーツをきちんと着こなすことが出来れば、これからの会社での生活に関しても信用してもらうことができます。

汗だくにならないよう、会社の近くまではジャケットを脱いで移動し、会社の玄関前でジャケットを羽織ってから玄関に入るという手順を踏めば、印象も悪くならず汗でスーツがぐしゃぐしゃにならずに済みます。

また、そういった際には夏の暑さに適したインナーを選ぶというのも一つの手です。

涼しく、速乾性のある首元の大きく開いたインナーを着れば、シャツの中で汗がべたつくこともなく、匂いも抑えることができ、余裕を持って面接を受けることが出来るでしょう。

「クールビズ可」ならノージャケットで構いません

「クールビズ可」や「ノーネクタイ・ノージャケット」などの指定がある場合は、ノージャケットで構いません。

前述のとおり、そういった会社の場合は、逆にクールビズが好印象につながる場合が多いです。

また、「クールビズ可」とされている会社へ、細心の注意を払ってジャケットを着ていくべきという話をよく耳にしますが、クールビズが浸透した現在、ノージャケットで面接にいくことで採用に影響するということは少ないという声もあります。

しかし、ノージャケットに際には注意しなければいけない部分があります。

それは、身だしなみがしっかりしているかどうかです。

ノーネクタイ・ノージャケットはだらしなくなってしまいがちな服装ですので、そのままですとだらしなさが目立ってしまうこともあり、気を付けなければいけません。

そのため、このような場合にはクールビズ用のシャツを着るとよいでしょう。

クールビズ用のシャツは襟が締まっていたりなどして、シャツ単体になっても引き締まった印象を与えるものが多いので、見た目を気にする上では非常におすすめです。

会社に適した服装で面接に行きましょう


服装というのは時間・場所・場合、つまりTPOをわきまえたものであることが大前提です。

面接に関しても同じで、会社の場所や場合などにしっかりと気を遣うことができているのであれば、問題はありません。

会社によっては作業着を着て仕事を行うような職種のものもあり、その場合はスーツを着て取引をするという場面も多くはありません。

ですので、スーツの見栄えが大事な職種かどうかを見極めて、無難にジャケットを着るのか、ノージャケットで行って大丈夫なのか判断する必要があります。

また、面接での服装を私服可にしている会社などもあります。

デザインの会社であればその人の性格や趣味嗜好を見極めるためのものであることもありますし、純粋な会社側からの計らいとしてリラックスしてきてもらうための私服可である場合もあります。

面接の際の服装というのは本当にケースバイケースなのですが、会社のことをしっかりと考えて、会社に適した見た目を意識することができれば、ノージャケットでよいのかどうか、より正しい判断ができるはずです。

(まとめ)人材派遣の面接にノージャケットで行っても大丈夫?

1.指定がない限りノージャケットで人材派遣会社の面接に行くのは好ましくありません
会社によって求められる服装は変わります。

時と場所、場合に応じたTPOをわきまえた服装で面接に赴くことが大切ですので、ノージャケットが大丈夫かそうでないかは会社からの指定をよく読み取る必要があります。

2.身だしなみの整った見た目ということが大切です
このように、面接に行く際にはその身だしなみがどうかという部分が重要となります。

工夫を生かしてスーツの着ることができれば、会社から信頼を得ることにもつながります。

清潔感あふれるスーツ姿でいられるよう心がけましょう。

3.「クールビズ可」ならノージャケットで構いません
会社によっては、クールビズを推奨するようなところもあり、その爽やかな姿が好印象という声もあります。

しかし、人は見た目が第一といいます。

決して、だらしないという印象を受けることのないよう、注意してノージャケットの服装を考えましょう。

4.会社に適した服装で面接に行きましょう
見た目は会社に採用してもらうための重要なポイントの一つです。

クールビズでなければダメ、ノージャケットはダメ、とどちらか一辺倒になるのではなく面接する会社のことをしっかりと考えて服装を選ぶことができれば、おのずと答えは見えるはずです。