人材派遣の面接で短所を聞かれたときに答える例は?

短所をどのように意識しているかを答えることが大切です


人間には長所があれば、短所もあります。

当たり前のことで、だれもが長所ばかりあるわけではありません。

長所も短所も比較してわかることです。

人材派遣業としても、長所や短所はたいてい聞いていくことになるでしょう。

例としてあるのは、自分を客観的にとらえてみた時に、短所は何ですかというような質問です。

長所を聞くこともありますが、自分自身を客観的にとらえることなどできません。

自分自身以外のだれかになれないのですから、当然のことです。

そこよりも、自分は何が得意で苦手は何か、意識したうえでどう行動しているのかを聞いていることに気づかなければいけないでしょう。

意識をして行動しているのですから、すべて主観でしかありませんが、質問としては客観的に見てといわれます。

短所を話す場合には、例のように聞かれますが、その先まで考えておかなければいけない質問でしょう。

人材派遣の面接で短所を聞かれた際は問題解決能力を見られています

いろいろな例がありますが、短所に対してどう向き合っているのか、なにを解決手段にしているのかが重要です。

客観的に見られるわけがないのですから、短所があれば目をつぶってきたのか、なにか対策を考えてきたのか、これまでいろいろとあったことでしょう。

自分に向き合うといったことではなく、短所よりも長所を生かすために頑張ってきたというのもひとつの答えです。

面接では、改善してきたことだけを聞きたいわけではありません。

どういった認識で生きてきて行動したのかが問われています。

人材派遣に限ったことではありませんが、これが問題解決能力にもつながっていくからこそ、面接で聞かれていることに気が付きましょう。

人材派遣では、人間関係も出てきます。

問題解決能力があれば、仕事に違いが出てくるようになるのが重要です。

でも、よく考えなければいけませんが、なにも短所を解決しようとすることが問題解決能力ではありません。

人材派遣の面接官が見ているのは、一体何をアピールしたいのかというところもあるからです。

短所をプラスに変えられるのかが重要です


短所は、決してプラスのことではないでしょう。

しかし、マイナスばかりではありません。

例をあげれば、短気だからといって悪いわけではなく、うまく出ればとにかく仕事もこなして早く終わりにしたいという気の短い人でもあるはずです。

こうした人は、集中力も高い人になるでしょう。

人材派遣の面接で聞きたいのはここです。

逆の例をあげれば、集中力が低いことだけを面接で伝えたらどうなるかを考えなければいけません。

何の仕事をしても、最後までこなせないのではないかと考えてしまうでしょう。

仕事ができないと自分でいっているのと同じになってしまうからです。

これが面接ではこたえてはいけないパターンといえます。

自分に自信がなさそうに話をするのもいけません。

短所であっても、それを生かせるようにしていますと胸を張って言えれば、もう十分に長所となってきています。

建設的な答えになるように、マイナスではなくプラスにしていることがアピールできるように考えておく必要があるでしょう。

短所で終わらせない答え方をしましょう

客観視などできるわけない以上、自分で対策をしてきたこと、それ以上に長所を伸ばしてきたことを伝えていくことが、面接では求められます。

短所というと、どうしてもマイナスの話になってしまうように感じますが、その考え自体が問題だといえるでしょう。

どうしても慎重な性格で仕事が遅いとしても、慎重な性格がデメリットと伝えれば、確実性を求めるものだと思います。

この例のように、なにもすべてを伝える必要はありません。

良くも悪くも慎重であることを短所として伝えればいいでしょう。

これだけで、長所にも化けることが、人材派遣の面接で伝わっていくからです。

努力している、自分の努力目標であるというのもひとつの答え方の例といえます。

どんな短所にでも使える方法ですが、改善を考えているという姿勢があれば、全く異なった印象につながるポイントです。

具体性が高いのも、努力のポイントになってきますので、ただ単に短所で終わらせないようにするのが、人材派遣の面接を含めて考えていかなければいけないことになるでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接で短所を聞かれたときに答える例は?

1.短所をどのように意識しているかを答えることが大切です
短所はだれにでもあるのもですが、面接で聞かれることが出てきます。

例としてはあなたの短所はと聞かれますが、どう意識して行動しているのかを問われていることに気が付き、返答をしていかなければいけません。

2.人材派遣の面接で短所を聞かれた際は問題解決能力を見られています
短所はだれでもあるとしても、人材派遣の面接としては、どんな解決方法を考えてきたのかを問うているところが重要です。

アピールすることを考えても、答えを考えていかなければいけません。

3.短所をプラスに変えられるのかが重要です
短所はマイナスではなく、プラスにできるようにしてきたかどうかが重要です。

人材派遣の面接でも聞きたいのはここであり、例のようにプラスにしてきたことをアピールすることが重要になります。

4.短所で終わらせない答え方をしましょう
短所を答えるだけではなく、長所としてつながるような答え方を人材派遣の面接では考えていかなければいけません。

具体性を持たせてこたえることも必要ですが、改善の姿勢を見せられるように答えることが必要です。