人材派遣の面接でノーメイクはいけないの?

人材派遣の面接でノーメイクは業種によって印象が異なります


人材派遣では、必ず面接をおこなっていきます。

一体どんな服装で行くべきかを迷うこともありますし、メイクをどうするかと考える場合もあるでしょう。

ここで勘違いしてはいけないのは、ノーメイクではいけないということはない事実です。

ノーメイクで人材派遣の面接を受けることがいけないわけではないのは、メイクの技術などみていない、関係ないというところでしょう。

これが、化粧品の販売員であれば、ノーメイクはマイナスになります。

しかし、軽作業の募集でメイクをする必要があるかといえば、これはありません。

印象というところを考えた時には、ノーメイクはマイナスになる場合もあります。

メイクをしないことが、相手に失礼ということはありません。

これはセクシャルハラスメントにも近いこととなってしまうからです。

人材派遣の面接での印象をコントロールするためには、メイクを意識するという方法も必要と考えるといいでしょう。

ノーメイクで受ける印象を考えてみましょう

仕事であるという事実を考えた時に、メイクをしているから採用するといって人材派遣の面接はありません。

きれいに見えたり、かわいくしたりといったことが、人材派遣の面接に影響するといったことはないからです。

もっと現実的であり、働いてくれるのか、仕事をしてくれるのかといった事実が重要となってくるでしょう。

ここから見た時に、人材派遣の面接でノーメイクがマイナスになるポイントも考えていく必要があります。

マイナスになってくるのは、健康そうに見えるかどうかでしょう。

例えば、ノーメイクで血色が悪そうに見えると、健康ではないと判断する場合があります。

なにもごまかすといったことではなく、健康であるアピールをするということでは、ノーメイクが足を引っ張ってしまうことがあるでしょう。

ただし、派手なメイクにすれば、人材派遣の面接に何しに来ているのかといった疑問がわきます。

あくまでもナチュラルな状態を作る程度にするといいでしょう。

ノーメイクではなく清潔感を生み出すメイクをしましょう


ノーメイクであることは、何も悪いことではありません。

人材派遣の面接は、一般的な就職の面接よりもきつい場面ではないこともあります。

ですが、清潔感のない人を採用したいかと思えば、そこまで緩い判断はしません。

ノーメイクであることが、清潔感を失うというわけではなく、メイクをしていないことで肌がはっきりわかり、普段から管理をしていないことが見えてしまう場合があります。

肌があれている状態がわかるのにもかかわらず、眉などの手入れをしていることがわかれば、人材派遣の面接に面倒だからノーメイクできたと判断するでしょう。

清潔感も感じられなくなるため、最低限のメイクをするとデメリットを相殺できます。

勘違いしてはいけないのは、ばっちりメイクをする場ではないというところです。

あまりに故意メイクをしている人は、人材派遣の面接に何しに来たのかととらえます。

ノーメイクではなく、最低限のメイクで十分であるということです。

もちろん、販売員といった募集に対して、どうとらえるのかといった部分はあります。

そこでも清潔感というところは求められますので、必要なメイクをするという姿勢が大切でしょう。

人材派遣の面接に何しに行くのかを考えます

人材派遣の面接では、印象が大切になってきます。

ノーメイクであるというのも、印象にプラスにならないことが問題になってくるでしょう。

同じように、茶髪であるというのも、印象が問題になってくることを忘れてはいけません。

人材派遣の面接で茶髪があまり問題になることはないでしょう。

ノーメイクと同じようなレベルですが、ノーメイクで茶髪であるというのは、やはり印象はよくありません。

その程度の面接と考えていると捉えるからです。

人材派遣の面接に何をしに来ているのかを考えてみるといいでしょう。

印象を考えるのであれば、茶髪が良い印象につながるかどうかは、考えればわかることです。

もちろん、地毛が茶色であるといった場合に、問題があるわけではありません。

白髪が目立つようになり、染めてきたというのもまた別の話です。

しかし、あくまでも遊び感覚やファッションで染めているというのは、濃いメイクをして人材派遣の面接にくるのと大差はありません。

なにをしに来ているのかをよく考え、行動することが、ノーメイクで面接を受けるという話の答えにもなってくるでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接でノーメイクはいけないの?

1.人材派遣の面接でノーメイクは業種によって印象が異なります
ノーメイクで人材派遣の面接を受けることは、いけないことではありません。

問題は、印象をコントロールすることもできる事実を理解しておき、有効に活用していくところにあります。

2.ノーメイクで受ける印象を考えてみましょう
ノーメイクで人材派遣の面接を受けると、健康であると見えないことが出てきます。

これがマイナスになる点となってくるため、ナチュラルで健康に見えるようにメイクするのはひとつの手段です。

3.ノーメイクではなく清潔感を生み出すメイクをしましょう
ノーメイクが、清潔感を損なった状態になることがあります。

印象をコントロールするためにも、過剰なメイクをするのではなく、必要なメイクをして清潔感を作りだしていく姿勢は大切です。

4.人材派遣の面接に何しに行くのかを考えます
人材派遣の面接には、仕事をするために赴きます。

ノーメイクでは印象にプラスにならないというところが問題であるため、ファッション感覚での茶髪なども十分に注意が必要でしょう。