人材派遣の面接が苦手な人の対策はありますか?

面接が苦手な人は練習をして人材派遣の面接に備えましょう

人材派遣でも、仕事をしたいとなれば、多くの場合は面接を受けないとなりません。

面接では、採用担当者と面と向かって話すことになり、苦手な人も多いでしょう。

それはやはり、失敗したら困る、上手く話せるだろか、緊張しそうだなどと、不安な面があるので、受ける前から苦手と思う人も少なくありません。

そこで、苦手な人ならば、上手く面接を出来るようにすればいいのです。

上手く面接を行うならば、自分の考えを十分に言葉にする、緊張せずに話すなど出来るようにします。

そのためには、やはり対策としては、練習をするしかありません。

事前に模擬面接のように何度も練習し、自己PRや志望動機を話せる、緊張しないようになるなど、面接に慣れておくと良いでしょう。

練習するポイントは、話し方を工夫し考えていくことです。

大きな声で話すことが大切です

人材派遣の面接でも、緊張している人や大きな声を出すのが恥ずかしいと感じている方がおり、声が出ていないことがあります。

その会社の面接に行き、採用されたいと考えるならば、相手に自分の意見を、はっきり大きな声で伝えないとなりません。

自分で考える以上に、苦手な人は声が出ていないことがあります。

大きな声で話すようにして、普段と同じ声以上に声を出し、声量を増やしましょう。

大きな声を出すことは、他の就職活動の人たちと、差別化することにもなり、有利になります。

面接の部屋の外まで響くような声は、逆に大きすぎても良くありませんが、自分が大きすぎるだろうと考えるぐらい、声を出してください。

面接で、自分の声が小さいか大きいかは、面接官の反応を見るとわかります。

大きな声で話すと、面接官はあなたの目を見て注目して話を聞き、声が小さいと履歴書など書類を見ながら、興味なさそうにします。

特に、面接官が書類を見ている状態で、あなたが話した時に、面接官が顔を上げてあなたに注目すると、声が大きく出ていると見て良いでしょう。

基本事項を抑えます


面接で何を聞かれるかは、どんなに想定しても、対策は難しいと言えるでしょう。

面接官は十人十色となっており、一人一人考え方も質問内容も違います。

天気の話や、朝何を食べたかなどの質問だとある程度答えられるでしょう。

しかし例えば、志望動機を想定して考え、ひねりのある質問がきてしまっては、頭が真っ白になり、答えられなくなります。

自己PRや志望動機を考えるならば、まずは文章で考えず、何を軸として答えるか、要点を考えます。

そしてその要点は、3つぐらい考えておき、それを元に自己PRや志望動機として、面接で話しましょう。

例えば自己PRならば、前職での能力・取得した資格・自分の長所、というように3つ要点をまとめます。

同じようにして、志望動機についても3つぐらい要点を考えましょう。

面接では、自己PRと志望動機は、必ずと言っていいぐらい聞かれる質問なので、この2つのことは考えるようにします。

もちろん、要点をまとめただけでは、話す内容とならないので、ある程度、まとめた要点を元に、面接でどのように話すか、内容を練習しても良いでしょう。

想定外の質問は潔く対応します

面接の練習をするならば、鏡を使って見ながら行う、スマホなどで話した事を録音するなどすると良いでしょう。

可能ならば誰かに見てもらった方が良いですが、模擬面接の出来るサービスもあり、そのようなものを利用しても良いです。

どんなに面接の練習をしても、当日は想定外の質問がくることはあります。

このような考えていなかった内容の質問が来たときは、その場であれこれ考えて冷や汗を流すよりも、あっさり引き下がった方が、好感を得られることも多いです。

詳細は存じておりません、勉強不足で申し訳ありません、などと答えて、質問をかわしましょう。

想定外の質問がきたときに、答えられず、黙っているのは良くありません。

わからないならば、わからないと言いましょう。

ただし1つだけ、面接の最後に質問はありますか、と面接官があなたに聞いてくることがあります。

この場合は質問はないです、という答え方は良くありません。

仕事のスケジュールや配属についてなど、何かその会社についての事を聞いておきましょう。

(まとめ)人材派遣の面接が苦手な人の対策はありますか?

1.面接が苦手な人は練習をして人材派遣の面接に備えましょう
人材派遣の面接でも、苦手だという人は、沢山練習して慣れていきましょう。

面接の練習をしていく中で、初めから終わりまでの一通りの流れを覚える、話す内容を決めていくなどしていきます。

2.大きな声で話すことが大切です
面接では、自分で思った以上に声の出ていない方が多いです。

そのために、練習をするならば、声を大きく出して話すようにして、自分で大きすぎるだろうと思うぐらい発声しましょう。

3.基本事項を抑えます
面接の質問を、あれこれと想定して考えても、想定外の質もがくることは多いです。

そのために、対策としては自己PRと志望動機に絞り、この2つのポイントとなる要点を3つぐらい考えましょう。

4.想定外の質問は潔く対応します
面接で想定外の質もがきたときは、あれこれ考えず、わかりませんと潔く引き下がりましょう。

わからず黙っている、ちんぷんかんぷんな答えを返すなどは良くなく、わからないなら分からないと言います。