読書が変わる

読書が趣味でどこに行く時でも一冊はカバンに本を忍び込ませて、時間があれば読むようにしています。でも本って意外と重たくて、場所も取るので持ち歩けたとしても1冊だけなので、もっと手軽に読みたい時に読みたい本があれば最高だと思っていました。そんな時に電子書籍ならそういう事が可能になるという事が分かって、楽天がやっているという電子書籍を購入する事にしました。

 

電子書籍を読むためには、電子ブックリーダーが必要ですので、が読める電子ブックリーダーを楽天市場で購入しました。私が購入したのはオンラインブックというタイプ。ノートブックサイズで本当に小さいです。

 

小さいのに文字がハッキリ見えて、性能は抜群です。薄くてとても軽いので、場所を取ることもありませんでし、本より軽いので持っている手が疲れる事もなくて、素晴らしい製品です。

 

対応フォーマットは電子書籍の他に、JPEGなどの画像ファイルも読み込めるので、機能性も高くてとても便利です。本を購入する時はwi-fiでネットと繋いで電子書籍の売り場にアクセスします。そこから好きな本を探して購入します。無料で読める本も沢山あって、見ているだけでもすごく楽しいです。私が最初に購入したのは漫画です。

 

普通の小説以外にも漫画や雑誌のようなタイプの書籍も販売されているので種類はとても豊富です。漫画はしっかりと表情も確認できますし、セリフも問題なく見える事ができます。読むのを途中で止めるのであれば、そこで電源を切るだけで自動的にしおりの機能が働くので、電源を入れなおせば途中からスムーズに続きを読むことができます。初めての電子書籍はオンラインブックとの出会いから始りましたが、想像以上に良くて素晴らしい電子書籍を体感できて良かったです。

とにかく字が小さい本っていうのはイヤだなあって思います。どんなに素晴らしいことが書かれていても開かれないんじゃどうしようもないですよね。人間、見かけじゃなくて中身だけど、ある程度の身だしなみも大切だっていうのと同じでしょうか。どんなに中身の良い人であったとしても、その外見で損をしていたとしたら、本当にもったいないことです。

 

もし、その人の良さを理解したら、なんとかみんなにもわかってもらいたいって思いますよね。少しだけ工夫して、プレゼンテーションしてみたらどうだろうかってことをさりげなく伝えたりして。余計なお世話なのかもしれませんけれども。そんなふうに、字さえもっと大きければみんなにもっと読まれるのになっていう本も結構あると思うんですよね。そんな本をプレゼンテーションしてくれるのがオンラインブックです。

 

フォントサイズを自由に変更することができるので、今まで読みにくいと感じていた本だって急にとっつきやすく感じてしまうことも多々あります。世界最大級の品揃えを誇る電子書籍ですから、その中からそんな本はたくさん見つかりそうですよね。ついつい夢中になって読んでしまっても、途中でしおりをはさむ機能もついているのは紙の本と同じなので、通勤途中や休憩中などを活用した切れ切れの読書タイムになったとしても安心です。いつもバッグに入れておきたいオンラインブック。これからの読書はどんどんペーパーレスになっていくのでしょうね。

まずは電子書籍について。あなたは旅行や出張の移動の際、漫画や文庫本、雑誌など読んだ経験はありませんか?読書というのは最高の暇つぶしになる上に内容によっては身になることもあるでしょう。しかしそこでどうしてもネックになってしまうのが、本というのは「かさばる」ということです。なるべく荷物を少なくしたい長距離移動の中で、大量の本を持ち歩くのは現実的ではありません。

 

そこでこの楽天オンラインブックです。文字数、ページ数の多いハードカバーの文庫本から娯楽といわれる漫画本まで。値段は定価かそれ以下で手に入り、アプリをダウンロードすれば多くの方が持っているであろうタブレットやスマートフォンでの閲覧が可能です。は品揃えも抜群。楽天e-booksではなんと13万点以上ものラインナップ。もちろん出先だけで活躍するわけではありません。

 

一人暮らしをしていて部屋が雑誌や文庫本、漫画で埋まってしまっている人はよく見かけます。もっと部屋をスッキリさせたい、本がもっと小さければいいのに、そんな風に思っている方は少なくないでしょう。タブレットやスマホだけでなくパソコンでダウンロードから閲覧まで出来ますので自宅でも活躍することは間違いありません。電子書籍の強みはそれだけではありません。

 

ツイッターやフェイスブックと連動。することで離れている友人や知り合いのお勧めを知りえたり、逆に教えたり。新しい友人が出来ることもあるでしょう。家で一人で読むだけの本が、多くの人と感動を共有できるひとつのデバイスとなるのです。今なら初期登録でポイントが手に入り、一冊無料で書籍が手に入ります。に少しでも興味を持たれたのなら登録して損はないのではないでしょうか?さて、私は今から趣味の漫画の新刊のチェックに行くとします。もしかしたら私のおススメ漫画をツイッターで目にすることがあるかもしれませんね。オンラインブックを使ってみましょう。そのときは是非、ご一読よろしくお願いします。

楽天は、一番最初のEインクタイプの機種を購入しました。とても興味深い機種で、初めてのEインクを購入しましたので、体験してみたかったのです。まずは、意外と表示が美しいことに驚きました。また電池の消耗もとても少なく一度の充電でスマホに比べてもかなりの時間持つことが良いところです。

 

また、表示に関しても大変見やすい、紙にインクを書くように表面がぎらぎらしていませんので、目が疲れることなく長時間眺めていられます。ただし、まだ最初の機種だったため、液晶が多少薄暗く感じるのと、画面の転換がちょっともっさりしているのが玉に瑕かと思いました。

 

スマホでなぜ目が疲れるのかEインクを目にして考えてみると、スマホの画面が視差があり、左目と右目では液晶の輝度が違うのです。片目ずつを閉じてみると右と左で液晶の明るさが違うのが判ります。

 

しかし、Eインクでは左も右も紙の書籍を見つめるのと同じ様に、同じ明るさで見ることが出来ます。おそらくこれがスマホで読書をする時に目が疲れる原因でしょう。スタートアップで、もたついたデスクトップアプリとの同期も私の環境では問題なく動作しましたので、世間を騒がすほどの事はなかったかなという印象です。

 

何よりも、クーポンと楽天ポイントという強い味方があり、クーポンとポイントを合わせて使えば、新刊でもバーゲンセールのように安く書籍が購入できるところが魅力です。ちなみに最近はオンラインブックを使用。Amazonにある本は大概にも出されているので、私は当分楽天を使い続けて行くでしょう。オンラインブックも使い勝手良いですよね。

オンラインブックを一言でいうと、「手の平サイズの目にやさしい書斎」というのがピッタリだと思います。いつでもどこでも読書時間。時間を有効に使いたいビジネスマンや主婦の見方です。手の平サイズだから、ポケットに入れて持ち歩くことも可能。ちょっとしたスキマ時間が知的時間に早変わり。

 

こういった電子機器のウィークポイントは充電が必要なところですが、なんと1回の充電で約1ヵ月も読書できるというのはうれしい限り。しかも無料コンテンツが10,000冊以上というからすごく魅力的です。私が一番評価しているのは、PDFファイルの閲覧ができること。このサイズのものでは、なかなかありそうでないもの。最近はインターネットを見ても、どのOSや機器で見てもそのレイアウトが崩れないことなど汎用性にすぐれたPDFファイルがあふれています。ビジネスの世界ではPDFファイルで書類がやりとりされているといっても過言ではないかと思います。

 

そのPDFファイルが、この手の平サイズのオンラインブックで見れるというのはうれしい。仕事に役立つ情報をPDFファイルとしておけば、取引先へのちょっとした移動時間に確認できます。読書以外の使い方の幅もぐんと広がってきます。読書でストレスになるのが、細かい字を見ていて目がチカチカしてくること。よく電子機器にありがちなのが、目が疲れてきて画面を見ているのがつらくなってきてしまう。

 

せっかくスキマ時間に読書しようとしたはいいけれど、2〜3分で目が疲れて読むのが嫌になってしまうなんてことでは、読書は楽しめませんよね。その点、は違います。文字サイズが変更でき11種類ものフォントがあり、しかも目にやさしいPearlディスプレイは、太陽光の反射も気にせずに読書できます。本当に読者のことを考えているんだなと思います。は、読書するのが楽しくなり、知的時間を創造するポータブルツールとしてお奨めです。