グロップの顧問アウトソーシングで新しい風を社内に

身だしなみ齢化社会と長寿命化の現代社会において、実年齢よりも若々しい人が増えており、定年後も働き続けたいという人が増えています。

また、こうした定年を迎えた人たちには長年の社会人生活で培ってきた能力があります。この能力は長い時間をかけてのみ得られるものであり、どんな優秀な人材であっても一朝一夕に手に入れることはできません。

この実力は、定年を迎えてリタイアしたからといって簡単に手放してしまうには惜しい力です。

企業も社会もこうした力をこのままリタイアによって埋もれさせて錆びつかせるのは、大きな損失です。この力を再び社会で生かして、企業に大きな利益をもたらすきっかけを作るのが、顧問アウトソーシングの目的です。

働くシーンと能力発揮のチャンスさえあれば、その実力を企業の成長にまだまだ生かすことができる定年後の人材を再度現場に戻し、長年培ってきたノウハウと人脈をもって企業の発展と成長に貢献します。株式会社グロップの顧問アウトソーシングで、埋もれてしまう前の既存の人材を企業の発展のために活用しましょう。

顧問アウトソーシングで必要とされる人材

株式会社グロップでは、大企業で長年中心的な役割を担ってきた人材を顧問アウトソーシングによって、クライアント企業に生かすお手伝いをしています。顧問となる人材は、大企業の一線で働いた経験を持っているベテラン揃いです。

顧問アウトソーシングは、定年を迎えたり、退社したりしたけれど、まだまだ第一線で働く実力を持っており、豊かなノウハウとこれまでの仕事で培ってきた人脈を必要に応じて成長と発展を求めるクライアント企業に引き合わせます。

企業は人が育てます。しかし、人も企業が育てます。企業では一般的に、若い新入社員を採用して長い時間をかけて育て上げます。実践と研修によって試行錯誤を繰り返し、成長した人材は会社の成長のために働くことになります。

会社の中で育てられた人材
しかし、会社の中で育てられた人材は、外の世界を知りません。他の会社の手法や新しいやり方を知らないため、ある程度成長した企業ではそれ以上の成長を求める時に既存の社員だけでは十分ではない場面に出会うことになります。

こうした状況の打破のためには、会社で育てた人材ではなく、他の世界を経験し新しい手法を知った人材が必要となります。

顧問アウトソーシングで得られるもの

顧問アウトソーシング顧問アウトソーシングを利用することで、企業はその中でしか働いたことのない社員たちに新しいやり方があることを知らせることができます。

株式会社グロップの顧問アウトソーシングでクライアント企業に引き合わせる顧問は、長く大企業などで働いており、企業の発展を担ってきた人物です。彼らは大企業のノウハウを知っており、それを活用することでクライアント企業の成長を助けます。

製造業であれば、工場のラインや材料の受発注、人員配置などのノウハウをもって、さらに効率化を図り、コストなどのムダを省く提案ができます。

大企業のシステムを知っているベテランだからこそ、どのような手法を取り入れればより事業を発展することができるかがわかるのです。

また、営業部門であれば、新しく規模の大きな販売を行うためのマーケティングの手法を得ることができます。また、顧問の持っているノウハウの他に人脈をもってして、新たな取引先の発掘や販売網の拡大などの事業展開を可能とします。

顧問アウトソーシングのやり方

顧問と企業のマッチング顧問アウトソーシングでは、株式会社グロップとクライアント企業の間でどのような人材を必要としており、どのような成長を期待しているかなどによって顧問と企業のマッチングを行います。

幅広い業種、職種のスペシャリストを網羅しており、さまざまな分野で活躍してきた人材をもっているため、それぞれのクライアントの求める成長に合った顧問を紹介することができます。

そのため、顧問はより具体的、実践的な力を発揮する場を得ることができ、クライアント企業は方向性に合ったアドバイスやサポートの力を持つ人材を選ぶことが出来るのです。

成長が停滞している企業やもう一歩経営を拡大したい企業、古い経営理念や概念で固まってしまい、新しい戦略を打ち出しかねている企業等は、顧問アウトソーシングによって新しい知識や戦力を得ることで革新的な成長を望めるでしょう。

顧問アウトソーシングは株式会社グロップの人材サービスの中でも、クライアント企業の成長に大きな力を与えるサービスとなります。

顧問アウトソーシングとは

各種作業のアウトソーシングでは、機械や人的サービスによってまとまった作業量をこなすことが求められています。しかし顧問アウトソーシングでは、たった一人に課せられる役割が、企業の方向性や経営に質的な影響を与えることが期待されます。

そのため、顧問とクライアントとのマッチングや、人材の幅、質の高さがより一層求められることになります。そんな厳しい人選においても、グロップのマッチング力が生かされており、クライアントの将来の成長に本当に必要とされる人材との出会いを可能とするでしょう。