人材派遣の面接にピンクのシャツはNG?

人材派遣の面接にピンクのシャツは好ましくありません


人材派遣の面接では白色の無地のシャツが基本とされており、ピンクのシャツは好ましくありません。なぜなら人材派遣の面接では応募者の「清潔感があるか」「常識があるかどうか」を見ているからです。

ピンクのシャツや色付きのシャツは、面接官にだらしない印象を与えるだけでなく、マナーが守れない人と思われてしまう可能性があります。

ビジネスの場においては青色のシャツやストライプなど、柄付きのシャツを着用している人もいますが、人材派遣の面接では周囲から浮いてしまいます。個性をアピールするのではなく、協調性を見せる場だと考えれば、ピンクのシャツは非常識だと理解できるのではないでしょうか。

また汚れたシャツも清潔感に欠けてしまうので、こまめに洗濯して、くたびれがないかチェックしましょう。

男性が面接を受けるときの服装はスーツが好ましいです

人材派遣の面接を男性が受ける時の服装は、企業から指定がない限り基本的にスーツが好ましいです。色はシンプルでオーソドックスなものが無難とされており、黒や紺の光沢がないものがよいでしょう。

ネクタイは、青色・グレー・エンジ色など控えめなものを選び、ピンクや紫といった派手な色は避けください。

ワイシャツの襟の形も重要とされています。人材派遣の面接で着るワイシャツは、レギュラーカラーのワイシャツにして、ボタンダウンのものは着用しないようにしましょう。

ボタンダウンは人気ですが、ポロ競技用に作られた物であり、機能性を重視したスポーティなシャツですので、面接のようなかしこまった場に着ていくのはふさわしくありません。

またシャツを袖元から1〜2cm程度覗かせるのが、スーツの基本的な着方です。ビジネスマナーとして袖口からシャツが見えないのは、あまりよいとは言えませんので、暑くても長袖を着用するようにしましょう。

女性が面接を受けるときの服装はスーツが基本です

女性の場合もとくに指定が無い場合は、スーツ着用が基本です。色は黒色やグレー、紺色がよいとされており、市場ではベージュやホワイトなども売られていますが、面接のマナーとしてはおすすめしません。

またノーカラーのジャケットも面接に不向きです。ボタンは1~3つボタンのどれでもいいのですが、2つボタンがリクルートスーツに多く、無難と言えます。

人材派遣の面接の時に、とくに悩むのが、スカートにするかパンツにするかでしょう。面接官の中には『女性=スカートをはくもの』という考えの人も、少なからずいますので、2次面接や最終面接など、上の年代の人が担当する面接では、スカートスーツを選ぶのがベターです。

スカートは座った時に膝から5センチ程度、長い丈にしましょう。

しかしパンツスーツにもメリットがあります。営業職など部署によってはパンツスーツの方が動きやすく、活発な印象を与えられるのです。

どちらが強みになるかは人それぞれですので、自分に合ったスタイルで人材派遣の面接に臨むようにしましょう。

パンツスーツの注意点は、サイズや丈が合っていないと不恰好になりがちというところです。購入する際は必ず試着をして、あらゆる角度からチェックするようにしてください。

リクルートスーツは20代後半までにしましょう


リクルートスーツは20代後半までとされており、転職希望者はビジネススーツを着用するようにしてください。なぜなら、若々しいことと未熟に見えることは違うからです。

30代になってもリクルートスーツを着用していると、頼りなく見えてしまったり、自信がないような印象を与えてしまうので、不利になる可能性があります。

ではリクルートスーツとビジネススーツの違いは何でしょうか?ぱっと見ただけではすぐにわからない人もいますが、大きく違うのは値段です。

リクルートスーツは、1~3万円以内でそろえられる一方、ビジネススーツは年代にもよりますが、3~7万円と値段の幅が広くなります。

素材はリクルートスーツは化学繊維で作られていることが多く、着用の頻度が高いと傷みやすくなるという短所に加え、着用時のフィット感も悪く、体を動かすには不向きと言えるでしょう。反対に、ビジネススーツは生地や縫製がしっかりしており、耐久性が高いためすぐに傷んで着られなくなることはありません。

ビジネススーツには薄いグレーや茶色のもの、ストライプ柄やチェック・ウインドペンなど種類が豊富にありますが、面接ですのでやはり黒や濃紺といったシック色を選び、シャツは白色無地、ネクタイも青系が無難と言えるでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接にピンクのシャツはNG?

1.人材派遣の面接にピンクのシャツは好ましくありません
人材派遣の面接では白色の無地のシャツが基本です。ピンクのシャツや柄付きのものは着用しないようにしましょう。

シャツはこまめに洗濯して、くたびれがないかチェックしてください。清潔感を保つことが大切です。

2.男性が面接を受けるときの服装はスーツが好ましいです
人材派遣の面接において、男性の服装はスーツが好ましいでしょう。スーツの色は黒か紺で、ネクタイの色は青系やグレー、エンジ色などが適しています。

ワイシャツの襟はレギュラータイプが基本です。夏場の暑い時期でも長袖を着用しましょう。

3.女性が面接を受けるときの服装はスーツが基本です
女性のスーツは、黒色・グレー・紺色が基本です。

スカートかパンツで悩む場合はスカートにしておくと無難ですが、営業職など男性に交じって働く場ではパンツスーツが有利になることもあります。希望する部署によって合わせましょう。

4.リクルートスーツは20代後半までにしましょう
リクルートスーツを着ていいのは、20代後半までとされています。30代は良質で耐久性に優れているビジネススーツを着用するようにしましょう。

面接の時は清潔感を意識して、黒や紺を選ぶと無難です。

著者紹介

プロフィール:佐々木 良和
派遣会社コンサルタント。延べ約1,000人の転職のアドバイスを行い、転職に関わってきた。モットーは「転職者の決断に悔いをさせない」。その豊富な経験を基に多くの人が悩む面接時の悩みに答えるコンテンツを発信中。