人材派遣の面接での自己PRで大切なことは?

人材派遣の面接では長所をアピールしましょう

人材派遣の面接での自己PRでは、ただの自己紹介になってしまわないように注意しましょう。そのためには自分の長所をうまくアピールすることが大切です。

履歴書などにも長所を書く欄はありますが、文章だけで伝わらないこともあります。長所はどういった点か、過去にその長所によって生まれた成果、また、その長所を活かしてどのような仕事ができるか、などをアピールしましょう。

ただし、自己PRが自慢になってしまうのはよくありません。長所によって人材派遣として働くうえでどのようなメリットがあるかについても話すことが必要です。

面接では長所によって生まれた体験を話しましょう

人材派遣の面接で自己PRは面接官に自分を印象づけられるチャンスです。そこで人材派遣の面接で自己PRをする際には、自分の長所をアピールしましょう。

印象に残る自己PRとしては、協調性がある、優しい、リーダーシップがある、など言葉だけを伝えても印象には残らないでしょう。面接においては長所によって得られた成功体験など具体的に話をすることが大切です。

エピソードを話す際には次のような流れで話すとよいでしょう。

・エピソードの背景について
・そのときの課題や問題点
・その課題を解決するために起こした行動
・行動の中で長所がどのように活かされたか

といった流れで説明をすると説得力があります。さらに結果としてどのような成果が生まれたか、また自分はどのように成長できたか、なども話をしましょう。

話をする際には自分の自慢話にならないように注意しましょう。自分の力だけでなく周囲との協力があって、など周りを立てる姿勢もアピールすることがポイントです。

派遣先で長所がどのように活かるかを伝えましょう

人材派遣の面接では自分の長所が派遣先でどのように活かるのか、メリットがあるか、について話をすることも大切です。企業としては社員とトラブルになることなく、企業に合った働き方ができる人を求めています。

派遣先についての要望は聞いてくれますが、要望通りの企業で仕事ができるとは限りません。しかし、面接で自己PRをうまくこなし好印象を与えることができれば、さまざまな仕事を任せてもらえる可能性もあります。

例えば協調性がある、コミュニケーションスキルがある、といった点をアピールすれば、人間関係によるトラブルも避けることができ、スムーズに仕事ができると判断してくれるでしょう。

積極性があり、リーダーシップを取ることができる点をアピールすれば、積極的な意見を求められる仕事を任せてもらえる可能性もあります。技術的なスキルがあれば、実践だけでなく指導することができるなどメリットを伝えるとよいでしょう。

どのような長所をアピールするのかを考えましょう

短所はたくさん思い浮かぶけれど、長所は思いつかない、という人も少なくないでしょう。そういう人は長所がないわけではありません。

短所が誰にでもあるように、長所も誰にでもあるものです。長所が見つからないという人は、自分の性格や行動を振り返ってみてください。

話下手だから、という人は自分が話をするよりも、聞いている方が向いている聞き上手な人なのかもしれません。相談を持ちかけられやすい人なら、口が堅く頼れる人という印象を持たれやすいです。

困ったときに意見を求められることが多いなら、冷静な判断ができる人と周りから思われている可能性も高いでしょう。

また自分は短所だと思っていた部分でも長所になることがあります。例を挙げてみると、おせっかいなのは人とのコミュニケーションが取れる人、優柔不断は柔軟性があり周りに合わせることができる人、あきらめが悪いのは忍耐力があるとも取れます。

1人で何でも抱え込んでしまう人は責任感がある人です。心配性なのは悪いことではありません。

慎重さがあると言えるのです。面接で長所をアピールするためにも自分を自己分析して長所を見つけましょう。

もし自分では長所が分からない場合は、友人や家族などに聞いてみるのも1つの方法です。

(まとめ)人材派遣の面接での自己PRで大切なことは?

1.人材派遣の面接では長所をアピールしましょう
人材派遣の面接では長所を印象づける自己PRをしましょう。長所によって得られた成功体験やその長所が仕事においてどのようなメリットがあるかなどについて話をしましょう。

2.面接では長所によって生まれた体験を話しましょう
人材派遣の面接における自己PRでは、体験談を交えながら長所を伝えることが効果的です。エピソードの背景や課題を話すとともに長所がどのように活かされて成果を上げたか、といったことを具体的に伝えましょう。

3.派遣先で長所がどのように活かるかを伝えましょう
面接では自分の長所をどのように活かるか、といった点にも言及して話をすることが大切です。その長所を活かすことで派遣先でメリットが生まれるという点を伝えるようにしましょう。

4.どのような長所をアピールするのかを考えましょう
人には長所が必ずあります。人材派遣の面接で長所をアピールするためにも自分の長所を見つけましょう。

短所は長所として言いかえることできます。客観的に自分を振り返り、自己分析をしてみましょう。

著者紹介

プロフィール:佐々木 良和
派遣会社コンサルタント。延べ約1,000人の転職のアドバイスを行い、転職に関わってきた。モットーは「転職者の決断に悔いをさせない」。その豊富な経験を基に多くの人が悩む面接時の悩みに答えるコンテンツを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加