人材派遣面接で転職理由を聞かれたらどうしたらいい?

マイナスなイメージを持たれない回答をしましょう

4_1
人材派遣に転職を希望している際には、面接で転職理由を聞かれるということも多いでしょう。

ですが、この回答内容によっては面接官に対してプラスの印象もマイナスの印象も与えることができます。

特に人材派遣の採用する企業側で嫌われてしまうのが自分の理想の職業を探し求めて職をコロコロと変えてしまう人です。

転職理由を聞かれた際に前の職場の悪口のようなネガティブな情報を話してしまうと、面接官が自分に対してネガティブなイメージを持ってしまうこともあります。

なので、転職の理由を面接で聞かれた際にはネガティブな情報は発信しないようにしましょう。

前職をやめた理由が実際はネガティブな理由であっても、言葉を言い換えることでポジティブな転職理由として相手側に伝えることもできるので、転職理由を聞かれることを想定してポジティブな言い回しができるように考えておきましょう。

ネガティブな転職理由は良くないイメージを与えてしまいます

転職理由はできるだけポジティブなものが良いですが、ネガティブな理由が良くないと言われているのには理由があります。

理想の職がどこかにあるという強い理想を持っている人は、新しい職についても理想と現実の差に耐えることができずにすぐに仕事を辞めてしまうという特徴があります。

人を採用する企業側としては基本的に、長く働いてくれる人を求めています。

そのため、転職理由を聞いた際に前の職場の悪口などのネガティブな理由を挙げてしまう人というのは職を転々として長く続かないタイプだというイメージを植え付けてしまいます。

もちろん、実際に前の職場の環境が悪かったという人も中にはいらっしゃるかと思いますが前の職場のネガティブな部分を上げてしまうと面接官に誤った印象を与えてしまう可能性が非常に強いんです。

だからこそ、ネガティブな理由で前職をやめてしまった場合であっても上手く言い回しを考えてポジティブな転職理由だと聞く側にとらえられるような理由を考えておきましょう。

ポジティブな言い回しをする工夫をしましょう

前職をネガティブな理由で辞めた場合、転職理由をどのように伝えたら良いのか悩んでしまうという人も居るでしょう。

ネガティブなものを無理やりポジティブなものに変換するというのは非常に難しいものです。

なので、重要なのは転職理由の言い方や切り口などを変えるということです。

例えば、前職で会社から自分への評価に納得がいかなかったなどの理由で辞めた場合会社の社員への評価の不満を話すのではなく、「自分のキャリアアップ」という点に重点を置くことで「よりキャリアアップをしたいから転職をした」というポジティブな理由に変換することが可能となっています。

重点を置くポイントを変えて言い回しを工夫することで前職はネガティブな理由でやめたとしても転職をした理由を前向きな理由に変換できます。

ポジティブな理由を挙げることによって聞く側に仕事への熱意を伝えることにもつながりますので、一度自分が転職を希望した理由を考えて言い方を工夫してみましょう。

人間関係のトラブルや待遇の不満はNGとされる転職理由です

4_2
退職した理由がネガティブなものというのはあまりよろしくないですが、注意すべきはその内容です。

転職理由の中でもNGとされているものがあるので、注意しましょう。

その理由というのが人間関係のトラブルや、待遇への不満、体調不良などです。

人間関係というのは働いていく上で避けては通れない問題になります。

なので、働いていく上で上手く人間関係を築いていけるコミュニケーション能力というものが求められます。

また、会社の待遇への不満に関しても転職理由として挙げてしまうと前の職場に関する愚痴と捉えられてしまうこともあります。

なので、こういった退職理由に関しては避けるようにした方が良いでしょう。

無理に嘘をつく必要性は全くありませんが、どの情報を表に出すのかという点を事前に決めておいて避けるべき話題は選ばないというように賢い選択をしておくと安心です。

(まとめ)人材派遣面接で転職理由を聞かれたらどうしたらいい?

1.マイナスなイメージを持たれない回答をしましょう
面接の際によく聞かれる転職理由は回答によってプラスにもマイナスにもなります。

できるだけネガティブな言い回しをしないようにポジティブな転職理由を考えておきましょう。

2.ネガティブな転職理由は良くないイメージを与えてしまいます
転職理由としてネガティブな理由を挙げてしまうとすぐに仕事を辞めてしまう人だととらえられることもあります。

ネガティブな転職理由であってもポジティブなものに上手く言い換えるようにしましょう。

3.ポジティブな言い回しをする工夫をしましょう
ポジティブな言い回しをする上で重要なのがどこに重点を置くかと言う点と言葉の切り口を変えるという点です。

その点に気を付けることでポジティブな転職理由をつたえることも可能です。

4.人間関係のトラブルや待遇の不満はNGとされる転職理由です
人間関係のトラブルや待遇に対する不満、体調不良などといった転職理由はおすすめしません。

嘘の理由を考える必要はありませんが、正しいどの情報を人材派遣の転職理由として利用するのかという点を面接までに考えておきましょう。