人材派遣の面接で長所と短所は例文通りで良いの?

人材派遣の面接で長所短所は例文の使い回しより客観的な意見が必要です


人材派遣の面接における長所や短所の伝え方として、いくつも例文はあります。

しかし例文通りにありきたりな返答をしていても、面接官に対して良いアピールをすることには繋がりません。

人材派遣の面接で必ず聞かれることは、長所や短所といったことです。

この長所や短所は、面接においてある意味では定番ともいえるのですが、だからといって甘く見てはいけません。

長所と短所の伝え方として、自分の短所をどの程度理解しているのか、というのが極めて重要なポイントになるからです。

長所や短所を教えてください、と質問されたのであれば、それはあなた自身の性格を客観的に分析した結果を教えてください、という意味でもあります。

素直に自分の良いところをアピールするのはもちろん、短所もしっかりと受け止め、それを解決しようと努力していることをアピールしてください。

人材派遣の面接は短所をカバーしようとしていることを伝えます

人材派遣の面接における長所や短所は、マニュアルの例文を参考にするのももちろん悪いことではありませんが、少し工夫をして答えるようにしてみましょう。

例えば、短所をしっかりとアピールするということです。

短所は、自分にとってマイナスなイメージを与えることになる、と思われがちですが、短所をどのように伝えるのかによって、自分の評価を高くすることができます。

長所ばかりしっかりアピールして、短所は簡単に済ませてしまいがちですが、むしろ短所をしっかりと相手に伝えるようにしてください。

面接官が、あなたの短所になぜ興味を持っているのかというと、短所そのものを知りたいという気持ちもありますが、その短所に対してあなたがどのように自己分析をして、改善しようとしているのかを見ているのです。

例えば「すぐに焦ってしまいます」などといった場合、焦ってしまうことを相手に伝えたと同時に、焦りやすいので前もって準備をしたり、先のことを出来るだけ早めに考えたりするように努力している、などと付け加えると好印象を与えることができます。

人材派遣の面接でおすすめの短所の伝え方は「計画性がないこと」です


人材派遣会社の面接で長所や短所を例文通りに言うよりも、マイナスな部分をしっかりとアピールすることが重要である、ということは分かって頂けたと思いますが、そもそも自分のマイナス部分がわからないという人も少なくないようです。

それはひとえに、自分のことを客観的に見ることができていない、ということになるのですが、面接において短所はないというのはあまりおすすめしません。

誰にでも長所もあれば短所もある、ということは間違いありません。

そのため、自分を客観的に見ることができていない、ということをアピールしていることになるのです。

そのような場合には、計画性がないということを一つの例文として使ってみてはどうでしょうか。

例文ではありますが、ありきたりなものではなく、比較的相手に良いアピールになるものの一つです。

「計画性がないために、スケジュール通りに仕事を進めることができないこともありますが、そのような点を踏まえて全ての事に対して、計画を前倒しにして作業を進めるように心がけている」などと言ってみると良いかもしれません。

人材派遣会社の取引先企業の情報も把握しましょう

派遣会社の面接において、長所や短所を伝えるのは例題通りではなく、自分を客観的に見た内容であるべきですし、改善しようという意欲のある短所は決してマイナスにはなりません。

ただし、改善意欲のある短所を相手に伝える場合、できればその人材派遣会社の取引先である派遣先が、どのような企業が多いのかということはある程度把握しておいてください。

例えば、派遣先に営業職が多い場合に「人と話すのがとても苦手で目を見て話すことができませんが、できるだけ目を見てスムーズに会話ができるように心がけています」などとアピールをしたところで、おそらく面接を通過することはできないでしょう。

人材派遣会社を利用する企業は、派遣された派遣社員に即戦力となってほしいと思っています。

つまり、例えば営業職であるにも関わらず人とのコミュニケーションは最初に身につけようとしているような戦力にならない人を、採用しようとは思いません。

つまり、あなたを雇ったとしてもその人材派遣会社にとってメリットは何もないからです。

人材派遣会社がどのような人を求めているのか、ということもある程度は理解した上で短所を述べるようにしてください。

(まとめ)人材派遣の面接で長所と短所は例文通りで良いの?

1.人材派遣の面接で長所短所は例文の使い回しより客観的な意見が必要です
人材派遣の面接で長所や短所を述べる場合に、よくある面接マニュアルなどの例文通りに答えるのはあまりおすすめできません。

短所をどう認め、どう捉えているのか、ということを伝えることが重要になるのです。

2.人材派遣の面接は短所をカバーしようとしていることを伝えます
人材派遣会社における面接で長所だけでなく、短所を伝えるのはとても大切です。

短所はどう改善しようとしているのか、どのように乗り越えているのかを伝えてください。

3.人材派遣の面接でおすすめの短所の伝え方は「計画性がないこと」です
人材派遣会社の面接で短所をうまく伝えることができないのはよくありません。

短所がないのは、自分を客観的に見ることができていない証拠ですので、面接においてはマイナスポイントになってしまいます。

4.人材派遣会社の取引先企業の情報も把握しましょう
人材派遣会社は、取引先企業に派遣しても問題のない信頼のおける人を採用します。

つまり、取引先企業の情報をある程度把握しておくことも、人材派遣の面接を受ける時にはとても重要なのです。