寝坊で人材派遣の面接に遅刻するときの電話って?

寝坊で人材派遣会社の面接に遅刻する場合は必ず電話で連絡をします


人材派遣の面接に寝坊で遅刻する場合、気付いた時点ですぐに人材派遣会社に電話で連絡しましょう。

メールで連絡することは絶対にやめましょう。
面接担当者はあなたとの面接のために時間を作って待っています。

人材派遣の面接の時間がすでに過ぎている場合や少し遅れそうなど、どんな状況であれ派遣会社に直接電話をすることが社会人として当然のマナーです。

無断遅刻や無断欠席は絶対にやめましょう。
寝坊で遅刻したのでは「評価が下がった」「怒られるかも」と不安になるでしょう。

しかし寝坊をして遅刻したからと言って、人材派遣の面接で不採用が決まったわけではありません。

自暴自棄にならず、必ず電話で事前連絡を入れて謝罪を伝えましょう。

電話はせずにメール連絡するだけは絶対に避けましょう

人材派遣の面接に寝坊で遅刻しそうになった場合、人材派遣会社にメールで連絡することはやめましょう。

どんなに謝罪をしてもメールで連絡しただけでは、派遣会社の面接担当者に「不誠実な人」「社会人としてのマナーがない人」といった印象を与えてしまいます。

人材派遣の面接では、「取引先である派遣先企業に安心して派遣できそうな人か」を見ているので、信用できる人柄や社会人としてのマナーは重要です。

電話をせずにメールだけで連絡をする人は、寝坊で遅刻をしたこと以上に信用を失って不採用になるリスクが高まります。

派遣会社への電話は面接担当者に取り次いでもらい、直接、謝罪と到着時間を伝えましょう。

直接つながらない場合は、代理の人に面接担当者へ伝言をお願いします。
この時、伝言をお願いした相手の名前を控えておくことを忘れないようにします。

理由が寝坊でも交通機関のトラブルでも、人材派遣の面接に遅刻をすることが分かった時点で電話にて人材派遣会社に連絡することが、社会人としての常識であり、面接担当者に対する礼儀です。

派遣会社への電話は謝罪や遅刻理由などを誠実に伝えましょう


人材派遣の面接に寝坊で遅刻した場合の連絡方法について説明しましたが、派遣会社への電話で具体的に何を伝えればいいか説明します。

【遅刻することを謝罪する】
面接担当者の貴重な時間をもらっているのに寝坊で遅刻して申し訳ないと、心から謝罪しましょう。

【遅刻理由を伝える】
寝坊と伝えにくいから嘘をつきたいという人もいますが、嘘がばれた時は信用を失います。

人材派遣の面接は信頼できる人であることが大切なので、理由を正直に伝えて謝罪することで「嘘はつかない信用できる人」「正直に話す勇気のある人」と思ってもらえる場合があります。

そのためには電話での誠実な謝罪が大前提です。

【大体の到着時間を伝える】
到着時間と、急いで向かうことを伝えましょう。

【熱意を伝える】
謝罪をしたうえで、どうしても人材派遣の面接を受けたいのでチャンスが欲しい旨を伝えます。

別の時間や後日面接して貰える場合もあります。
寝坊で人材派遣の面接に遅刻しても、その後電話の内容によって印象が大きく分かれます。

面接終了後や日程変更後はあらためて謝罪とお礼のメールをしましょう

人材派遣の面接に寝坊で遅刻することを電話で伝えた時、当日面接してもらえる場合や別日に変更してもらえる場合もあるでしょう。

その場合、電話以外にお詫びなどの連絡は必要でしょうか?

【遅刻当日に面接時間を変更して貰えた場合】
面接終了後にお詫びとお礼のメールを送りましょう。

忙しいなか時間をいただいたのに寝坊で遅刻してしまったことへの謝罪と、そんな状況でも人材派遣の面接の機会を貰えたことに対するお礼を伝えます。

心からの謝罪と感謝の気持ちを、丁寧に伝えることが重要です。

【遅刻を伝える電話で面接を別日に変更して貰えた場合】
電話を切った直後にお礼と謝罪のメールを送りましょう。

面接当日は前回の面接について自分から切り出して謝罪しましょう。
言いにくいことを自分から伝えることで好印象になる可能性が高まります。

面接終了後は、お礼のメールを送ります。
人材派遣の面接は余裕をもって行動することが大前提ですが、寝坊で遅刻する可能性は誰にでもあります。

信用を失わないよう誠実に対応して、今後の仕事や信頼に繋げましょう。

(まとめ)寝坊で人材派遣の面接に遅刻するときの電話って?

1.寝坊で人材派遣会社の面接に遅刻する場合は必ず電話で連絡をします
人材派遣の面接に寝坊で遅刻する場合は、必ず派遣会社に電話で連絡をしましょう。

寝坊で遅刻しても不採用が決まったわけではないので、不誠実に思われるメール連絡や無断欠席は絶対避けましょう。

2.電話はせずにメール連絡するだけは絶対に避けましょう
寝坊で遅刻する旨を伝える連絡方法として、メールは失礼に当たります。

人材派遣の面接は信頼して派遣先で仕事をしてもらえる人かどうかを確認しているので、信頼度を落とすメール連絡は避け、派遣会社へ直接電話をかけて謝罪と到着時間を伝えましょう。

3.派遣会社への電話は謝罪や遅刻理由などを誠実に伝えましょう
人材派遣会社への電話で伝える内容は、誠心誠意の謝罪・遅刻理由・到着予定時刻・熱意です。

嘘をついて信用をなくすより、寝坊と正直に言って謝罪することで悪い印象にならない可能性や、熱意を伝える事で再チャンスを貰える可能性があります。

4.面接終了後や日程変更後はあらためて謝罪とお礼のメールをしましょう
遅刻当日に時間変更で面接して貰えたら、面接終了後に必ず丁寧な謝罪とお礼のメールを送ります。

面接を別日に変更して再チャンスを貰えたら、電話を切ったらすぐに謝罪とお礼のメールを送ります。

当日は前回の謝罪をして面接後にお礼のメールを送ります。

著者紹介

プロフィール:佐々木 良和
派遣会社コンサルタント。延べ約1,000人の転職のアドバイスを行い、転職に関わってきた。モットーは「転職者の決断に悔いをさせない」。その豊富な経験を基に多くの人が悩む面接時の悩みに答えるコンテンツを発信中。