人材派遣の面接に必要な持ち物を忘れないためには?

チェックリストを作成しましょう


人材派遣の面接に必要な持ち物を忘れないようにするため、チェックリストを作成しましょう。また前日までにしっかり準備をして、当日慌てないことも大切です。

人材派遣の面接において忘れ物をしてしまうと「自己管理能力が低い」「大事な場面でミスするタイプ」といったマイナスの評価を付けられてしまう可能性があります。場合によっては「自社への志望度が低い」とみなされてしまうこともあるのです。

そのため人材派遣の面接に受ける前には、「必ず持っていくもの」「持っていった方がいいもの」という2つの持ち物チェックリストを作成し、忘れ物がないことを確認してください。そうすることで、当日の安心感や自信にも繋がり落ち着いて面接に臨めるでしょう。

必ず用意するもの

人材派遣の面接を受ける際に必ず用意する持ち物は、以下の通りです。

・履歴書、職務経歴書
・身分証明書
・印鑑、朱肉
・応募先の電話番号、担当者の名前の控え
・スマートフォン
・腕時計
・筆記用具
・ハンカチ、ティッシュ

履歴書や職務経歴書は重要な書類ですので、クリアファイルに入れて大切に持ち込んでください。面接によっては身分証明書の提示を求められることもあるため、学生証や運転免許証、保険証などを用意しましょう。

同じく面接によっては、必要書類に捺印や署名をするように言われることもあるので、印鑑と朱肉、黒のボールペンなど筆記用具も必要です。なおシャチハタを面接で使用するのは、ふさわしくありません。

特に指定がなくても印鑑を用意しましょう。

面接当日は交通網の乱れなど突発的なことで遅れることも考えられます。そうした場合はすぐに連絡ができるようスマートフォンと、応募先の電話番号、担当者の名前の控えもあると便利です。

ただしスマートフォンはマナーモードに設定し、時間の確認は腕時計で行うようにしてください。人材派遣の面接で腕時計を付けることは、時間を守れる人だというアピールになります。

ハンカチやティッシュも持っているのはエチケットマナーとして当たり前なことなので、忘れないようにしましょう。

用意しておくと便利なもの


人材派遣の面接を受ける際に用意しておくと便利なアイテムとして、以下のものが挙げられます。

・スマホの予備のバッテリー(充電器)
・予備のストッキング
・予備のコンタクトレンズ、メガネ
・絆創膏
・折りたたみ傘
・手鏡

人材派遣の面接当日は応募先までの地図アプリや、企業情報の最終確認などでスマートフォンを多用することが考えられるので、予備のバッテリーを準備しておくと安心です。充電できる場所があるなら、充電器を持っていきましょう。

予備のコンタクトレンズやメガネ、女性の場合はストッキングなども持参して行くと、もしもの時に役立ちます。靴擦れ対策として絆創膏を用意しておくのも良いでしょう。

また意外と用意しておいて便利なものが、折りたたみ傘です。ゲリラ豪雨など予期せぬ事態でも備えができていると、対応能力があることのアピールになります。

人材派遣の面接では身だしなみもチェックされますので、手鏡もあると便利です。手鏡を持ち歩く習慣がない人は、スマートフォンの手鏡アプリなどを活用しても良いでしょう。

大事な書類を忘れてしまった時は速やかに連絡をしましょう

就職や転職活動が長く続き疲れが出ている時など、気の緩みから面接に必要なものをうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。履歴書や職務経歴書を忘れてしまうと、面接を受けられなくなるかもしれないので大変です。

その場合、気が付いた時点で応募先の企業へ連絡をして担当者の指示に従うようにしてください。自宅まで取りに帰っても時間に間に合うなら良いですが、遅刻してしまう可能性があるなら履歴書がない方がまだ良いでしょう。

担当者に履歴書を忘れたことを謝罪し、後日郵送しても構わないか聞きましょう。なお後日郵送する場合は、詫び状を添えると誠意が伝わります。

同様に印鑑や身分証明書などを忘れた場合も担当者に正直に話し、どうすれば良いか聞いてください。大切なものを忘れてしまうとパニックになりがちですが、ミスしてしまったものは仕方ないと考えリカバリーに徹しましょう。

しかしながらこれらはあくまで対処法で、忘れ物をしないに越したことはありません。そのため人材派遣の面接に必要な持ち物は、前日までにしっかり確認しましょう。

(まとめ)人材派遣の面接に必要な持ち物を忘れないためには?

1.チェックリストを作成しましょう
人材派遣の面接に必要な持ち物を忘れないようにするため、「必ず持っていくもの」「持っていった方がいいもの」といったチェックリストを作成しましょう。また準備は前日までに済ませておくことも大事です。

2.必ず用意するもの
人材派遣の面接で必ず持っていくものは、履歴書、職務経歴書、身分証明書、印鑑(朱肉)、応募先の電話番号、スマートフォン、腕時計、筆記用具、ハンカチ、ティッシュです。シャチハタはふさわしくないので、必ず印鑑を持っていきましょう。

3.用意しておくと便利なもの
人材派遣の面接に用意しておくと便利なものは、スマートフォンの予備バッテリー、予備のコンタクトレンズやメガネ、予備のストッキング、絆創膏、折りたたみ傘、手鏡です。折りたたみ傘を持っていると、予期せぬ事態でも対応できるというアピールになります。

4.大事な書類を忘れてしまった時は速やかに連絡をしましょう
履歴書など必要なものを忘れてしまった時は、気が付いた時点で応募先の企業に連絡しましょう。後日郵送する場合は詫び状を添えると誠意が伝わります。

忘れ物をするとパニックになりがちですが、ミスしたものは仕方ないと考えリカバリーに徹してください。

著者紹介

プロフィール:佐々木 良和
派遣会社コンサルタント。延べ約1,000人の転職のアドバイスを行い、転職に関わってきた。モットーは「転職者の決断に悔いをさせない」。その豊富な経験を基に多くの人が悩む面接時の悩みに答えるコンテンツを発信中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加