人材派遣会社の面接では、靴は何を選んだら良いか?

ヒモつきのシンプルなものを選ぼう

面接での靴選び人材派遣会社の面接では、基本的に最もオーソドックスなシルエットの革靴を選ぶのが良いでしょう。

ヒモがついたタイプで、リクルートシューズとしても使用出来ますし、その後就業してからもスーツスタイルで使用できる革靴が適しています。

特別高級なブランドのものを使用する必要はありませんが、素材は出来れば皮が良いですね。
その方が一般的なスーツとの相性も良いですし、大人っぽく落ち着いた社会人の風格を出しやすくなります。

カラーはブラックが基本ですが、濃いブラウンであっても問題はありません。
稀にネイビーをチョイスする人もいますが、それも間違いではないでしょう。

自分が実際に人材派遣会社の面接を受けに行く際に着用するスーツやワイシャツ、ネクタイとのカラーバランスも意識できるようにすると良いですね。

デザインも同様です。
先端部分のエッジがキツいものや、やけに派手な色のもの、カラー違いのステッチが入っているものなど、ビジネスシーンやスーツスタイルに似つかわしくないものは避けるようにしてください。

身だしなみの点においてマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

専用のリクルートシューズでなくても良い

基本的に、人材派遣会社の面接に行くために、靴を新調する必要はないと言っても良いでしょう。

もちろん、普段私服のときに使用しているタイプの靴を使用しても良いと言うわけではありません。
ビジネスに適した靴であれば、基本的に専用のリクルートシューズを用意する必要はないという意味です。

そういった意味では、これまでスーツスタイルに適した革靴を持っていなかった人は、この機会に購入しておくと良いでしょう。

それは決してリクルートシューズとしてのみ使用しなければいけないのではなく、その後スーツを着用して仕事をする機会があれば、積極的に使用していっても良いものにします。

ただし、新しく購入した靴の場合、トラブルを避けるために当日いきなり着用するのは避けるようにしたいですね。

靴擦れなどのトラブルが起きてしまうと、面接が思うように進められなくなってしまう可能性もあります。
前々から少しずつ履き直しておけるのが理想ですね。

靴は手入れを徹底しよう

ビジネスシーンで使用するような革靴は、手入れがとても重要なアイテムです。
これは人材派遣会社の面接を受ける際に履いていくような靴の場合も同様です。

基本的に、革靴は定期的な正しいメンテナンスが必須のアイテムです。
汚れや傷をそのままに放置してしまうと、良い靴ほど早く傷んでしまいます。

現代はリクルートシューズの安価ブランドが広まったおかげで、スーツスタイルにも違和感がないような革靴が、安く手軽に購入できるようになりました。

しかし、どのような価格のものであっても、定期的で的確な手入れをしておかないと、すぐに着用できなくなってしまいます。
いくら安いアイテムだとしても、革靴はそれなりの値段がします。

履きつぶしてしまう以外の方法で、使えなくなってしまうのはあまり良いものではありませんよね。

また、汚れたままの靴や、履き古した靴を着用して来ると、人材派遣会社の面接においてプラスの印象を抱かれることは少ないでしょう。

折角スーツや髪形などにこだわり、清潔感のある素敵なスタイルを実現したとしても、靴の手入れがきちんとされていないともったいないです。

常日ごろから手入れを行っておくのはもちろんのこと、面接の前日にはしっかり汚れを落とし、専用のクリーム等で磨いておけると好印象を出しやすいですよ。

カバンやベルトにも注意しよう

面接時は鞄やベルトに注意人材派遣会社の面接を受ける際には、ベルトやカバンなどの小物にも気を配りたいですね。

靴と同様に、必要以上に高級なものを購入する必要はありませんが、その美に適したものを選ぶようにしてください。

ベルトの場合は、バックルのデザインとカラーに注意するようにしましょう。
私服で使用するような、派手すぎるデザインのものは適していません。

また、カジュアルすぎるものも、面接のようなシーンではあまり好印象とは言えないでしょう。
布やスエードのような素材ではなく、牛革のようなシンプルなものが無難で良いですね。

使い古してしまって、革が傷みでひび割れているようなものは避けた方が良いでしょう。
穴が広がってしまっているもの、見るからに汚れているものなども面接ではマイナスのイメージを抱かれやすいので注意が必要です。

また、基本的にベルトのカラーは靴のカラーに合わせるものですから、バランスを意識して選ぶようにしてください。

更に、カバン選びにも気を配るようにしましょう。
A4の書類が入るビジネスバッグが人材派遣会社の面接には適切です。

このカラーも、ベルトや靴のカラーに合わせるのが良いでしょう。
革やナイロンなど様々な素材が選択出来ます。

基本的にはブラックが最もシンプルで選ぶ人も多いです。

面接時の靴選びのポイント

1.ヒモつきのシンプルなものを選ぼう
人材派遣会社の面接では、ヒモつきのオーソドックスな革靴を着用していくようにしましょう。

スーツに合わせたものにしましょう。派手なデザインのものやカラーのものは避けるようにしてください。

2.専用のリクルートシューズでなくても良い
人材派遣会社の面接に行く靴は、決して専用のリクルートシューズである必要はありません。

スーツスタイルに合ったものであれば、これまで使っていたものでも、これから使う予定のものでも良いでしょう。

3.靴は手入れを徹底しよう
人材派遣会社の面接に履いていく靴は、手入れをしっかりしておくようにしましょう。

汚れがついていたり、使い古したくたびれたものであったりすると、マイナスの印象を抱かれてしまう場合もあります。

4.カバンやベルトにも注意しよう
カバンやベルトのような小物選びも、人材派遣会社の面接時にはとても重要です。

面接に適したマナーにそったものを身に着けるようにしてください。派手すぎるデザインのものは避けましょう。