人材派遣の面接では上着を着た方がいい?

人材派遣会社に適している人人材派遣の面接は、一般の面接と同様に、きちんとした服装が求められます。

特に男性のスーツは、正式なビジネスの場面で着る唯一のものであり、それを正しく着こなすことが求められています。

スーツは上下でワンセットであり、どのような場合でも面接に挑む時には、上着まできていることが基本となります。

派遣先企業の面接官から勧められて脱ぐことはできますが、自分で勝手に判断して着ていかなかったり、先に脱いでしまったりするのは失礼に当たるのです。

暑さが厳しい時にはきついシチュエーションですが、面接会場ではエアコンで気温が保たれているため、ある程度は緩和されます。

人材派遣の面接で上着を着こなす工夫

人材派遣の面接では、正しい服装であるスーツを基本的に着ることとなります。

派遣会社の派遣コーディネーターや営業社員から指示があることもありますが、特に言われなくてもスーツを着るようにしましょう。

着慣れていな人は、多少堅苦しい思いをするでしょうが、短時間の面接の間だけの辛抱です。

上着は着ずに持っていく

面接でスーツを着用するように言われたからといって、家を出る時から来ている必要はありません。

街でも外を歩く営業マンが肩や小脇にスーツの上着を持っている姿を見たことがあるでしょう。

あれと同じように、面接会場まで運んで行けば良いのです。
上着を着ないで持っていくことで、着ていくよりも良い面もあります。

上着を持っていく利点

上着を着ないで持っていくことで、無駄にシワや汗ジミなどを作らずに済みます。
暑いさなかの行程は、歩いていても満員電車でも、汗をかきやすく、湿気のせいでシワができやすい状態となります。

せっかく着ていったスーツが汗やシワで汚く見えたらもったいないことです。

また、スーツの上着を着ないで涼しく会場までたどり着くことができれば、余計な疲労を溜めずに面接に万全の体調で臨むことができるでしょう。

面接会場までの上着の取り扱い

上着について
派遣先企業との面接では、本社や勤めることになるオフィスで行われることが多いものです。

そこまでの道のりでは、スーツの上着を着る必要はありませんが、面接を行う現場についてから慌てて上着を出すのは格好の良いものではありません。

そのため、事前にその面接会場の付近をリサーチして、面接前に余裕を持って上着を着る場所を決めておきましょう。

上着を着るタイミング

派遣会社のコーディネーターや営業社員などと待ち合わせをしているのであれば、その前に着るようにします。

そのようにしておけば、上着を着てから最終の身だしなみの自己チェックができるため、服装の乱れを気にせずに面接に入れます。

電車や歩いている途中で乱れた髪やシャツなども整えておきましょう。

上着を着る場所は、面接会場の最寄り駅のトイレや広めの化粧室のあるショッピングセンターなどを利用しましょう。

ショッピングセンターであれば、忘れ物があった際もついでに購入するチャンスとなります。

上着を運ぶための方法

大きなビジネスバッグであれば、上着を収納するスペースも作れますが、できればシワにならないように別の紙袋などを用意して、その中に入れて運ぶ方がよいでしょう。

上着は、汚れやシワがつかないようにきちんと畳んで、紙袋に入れて持ち歩きます。上着を着た後は、紙袋はビジネスバッグの中に入れてしまえばすっきりします。

上着を脱いだ時のために

人材派遣の面接では、派遣コーディネーターや営業社員と派遣先面接官が顔見知りのことも多く、カジュアルな雰囲気で進行することがあります。

そんな中で、スーツをビシッと着こなした応募者を気遣って、上着を脱いでもいいと許可が出ることも多くなります。

特に暑い日であれば、その機会も多くなりますので、脱いだ時のための服装のルールを知っておきましょう。

スーツの下は長袖のシャツが基本となります。クールビズの指定があった場合を除き、長袖を着ます。

上着を脱ぐまでもなく、スーツの上着の袖からシャツの袖が見えるかどうかで、相手にも分かりますから、しっかりと守りたいものです。

上着を脱いだら、軽くたたんで床に置いたバッグの上にそっとかけておきます。
隣に席が余っていても、勝手にそこを使ってはいけません。
また、自分の席の背もたれを利用するのもマナー違反となります。

人材派遣の面接では上着を着た方がいい?

1.人材派遣の面接では上着着用が大前提
人材派遣の派遣先企業との面接では、スーツを着ることが基本です。上着も忘れずに着用して、正しい服装で面接を行います。相手から脱いでもいいと言われるまでは基本に忠実に着こなしましょう。

2.人材派遣の面接で上着を着こなす工夫
人材派遣の面接を受ける時には、スーツの上着も着ていることが必要です。しかし、それは会場まで着ていく必要はありません。着ずに持っていき、面接の前に着れば、きれいな上着で快適に面接が受けられます。

3.面接会場までの上着の取り扱い
面接会場へ着く前に、脱いでいた上着を着る必要があります。そのため、面接当日までには、上着を着て身だしなみを整えることができるトイレなどの場所を選んでおくとよいでしょう。

4.上着を脱いだ時のために
スーツの上着は、面接官から脱ぐように許可されることもあります。その時のためにも中のシャツは長袖を着ておき、脱いだ上着を置く時のマナーをしっかりと知っておくことが必要です。