人材派遣の面接でノーネクタイでも問題ない?

ノーネクタイの指定がない場合はネクタイをしましょう


人材派遣会社から事前に服装、ノーネクタイの指示がない場合はネクタイとスーツを着用しましょう。

面接では服装のマナーもしっかりできているのかも見ています。

人材派遣会社はあなたを企業に派遣をすることになるので、指示をしっかり守れる人を企業に派遣したいからです。

ですが、「ノーネクタイで来てください」と事前に指示があった場合はネクタイをしないで行きましょう。

事前に服装の指定をしているのにネクタイをしてしまった場合、面接官から「指示を守らない人」だと思われてしまうことがあるため、前日までに服装の指示があるのかはしっかりと確認するようにしましょう。

ネクタイをする場合は清潔感や落ち着きの感じられるネクタイを選びましょう

服装の指定がなくネクタイをする場合は、下記のような清潔感、落ち着きのある印象をもたらす色や柄のネクタイをしましょう。

【色】
・濃い青色や紺
・グレー

【柄】
・ストライプ(レジメンタル)
・チェック柄
・チェック柄(ドット)

情熱があることをアピールしたい場合は、エンジのネクタイを選んでアピールすることができます。

面接官にどのように思われたいのかをしっかり考えてネクタイを選ぶとさらにいいでしょう。

また、服装全体の雰囲気に合った色や柄を選ぶことでさらにあなたの印象が良くなりますから、事前に当日のスーツと合うネクタイを探しておくことが大切です。

しかし、下記のようなネクタイの色、柄を選ぶと落ち着きが感じられない、カジュアルすぎてしまう印象を与えてしまいますので避けましょう。

【色】
・ビビットカラー
・ピンク
・紫色
・金色
・銀色

【柄】
・大きなストライプなど柄が目立ってしまう柄
・キャラクターなどの絵柄

また、このようなことを覚えておけば、これからのビジネスシーンにも役立てることができますからしっかり覚えておくといいでしょう。

ノーネクタイの場合は長袖のノーネクタイでも映えるワイシャツで行きましょう

レギュラーワイシャツだとネクタイをする前提でデザインされているので、ノーネクタイにするとだらしない印象を面接官に与えてしまいます。

ノーネクタイを指定されている場合はカッタウェイシャツやボタンダウンシャツを選び第一ボタンを外しましょう。

カッタウェイシャツは、第一ボタンを外すことで襟上部分がロールして美しい形状になり、上品で爽やかな印象を与えることができます。

また、ボタンダウンのシャツを着用する際は襟先のボタンは外さないようにしましょう。

せっかくの襟上部分の美しい形状が崩れてしまいます。

シャツの柄は無地が良いです。

白、グレー、薄い水色といった主張の激しくない色が好まれており、自分の顔に合う色を選ぶと良いでしょう。

「自分の顔に合う服が分からない」「自分だけで選ぶのが不安」という場合には、家族や友人などにアドバイスをもらってみるのも良いかもしれません。

だらしない印象をつけないように、シャツはこまめに手入れをしましょう


面接官は身だしなみを細かくチェックしています。

下記のことに注意しましょう。

・シャツの襟が黄ばんで汚れている
・ワイシャツがシワになっている
・ワイシャツの下は肌が透けている
・ワイシャツの下にタンクトップを着ている

このようなことがあった場合、どんなに受け答えがよくてもだらしない印象が残ってしまいます。

また、そのような事にならないためには、下記のようにして未然に防ぐことができます。

・襟専用の部分洗剤で襟を洗う
・こまめにアイロンをかける
・シャツの下に白、ベージュ、ライトグレーの半袖のインターを着用
・ノーネクタイの場合はシャツの下のインナーはVネックタイプを着用

なぜノーネクタイはVネックタイプのインナーを着用かというと、ワイシャツの第一ボタンを外すとインナーが見えてしまうからです。

ノーネクタイの場合はインナーにも気を配りましょう。

アイロンをかけるのが面倒だという人は形状安定シャツをおすすめします。

形状安定シャツであればアイロンをかけなくてもシワになりにくく、だらしない印象をつけにくくなります。

清潔感のある印象は大切ですから、前日までにこれらのことを頭に入れて確認をするようにしましょう。

(まとめ)人材派遣の面接でノーネクタイでも問題ない?

1.ノーネクタイの指定がない場合はネクタイをしましょう
人材派遣会社の面接で事前にノーネクタイの指示がある場合はノーネクタイで構いません。

ですが、特に指定がない場合はネクタイをしましょう。

面接官は服装も見ているので、事前に服装の指定があるのか確認することは大切です。

2.ネクタイをする場合は清潔感や落ち着きの感じられるネクタイを選びましょう
ネクタイをする場合は濃い青色、紺、グレーなどの色、ストライプ(レジメンタル)、チェック柄など清潔感のある落ち着いた色や柄を選びましょう。

面接官にどのような印象を持って欲しいのかを考えながらネクタイを選ぶとさらに好ましいです。

3.ノーネクタイの場合は長袖のノーネクタイでも映えるワイシャツで行きましょう
ノーネクタイの場合はカッタウェイシャツ、ボタンダウンシャツを選びましょう。

また、ボタンダウンシャツを着る場合は襟先のボタンは外さないようにしてください。

シャツの柄は無地で色は白、グレー、薄い水色などを選べば、無難にまとまるはずです。

4.だらしない印象をつけないように、シャツはこまめに手入れをしましょう
ワイシャツの襟が黄ばんでいないか、シワになっていないかをしっかりとチェックしましょう。

人材派遣会社の面接でも清潔感があることが大事なので細かいところまで気遣いを怠らず、それぞれしっかりと対策を取るようにすることをおすすめします。