人材派遣の面接でおこなわれる質問内容とは?

人材派遣の面接で聞かれる質問内容には狙いがあります


人材派遣の面接では、さまざまな質問内容が待っています。

基本的な部分から見ると、いったいどんな人がきているのかを確認する場であり、質問内容は、どんな人なのかを知るためのものと考えるといいでしょう。

多くの仕事を抱えているのが人材派遣であり、適正も見ていかなければいけません。

それが面接の場になっていることを理解すると、一般的な新卒の就活でおこなわれる場とは重要度が異なるといえます。

新卒で社会経験のない人が社会に出てくるようなところとは異なるでしょう。

職歴といった面からも、確認をとる必要があるからこそ、人材派遣の面接はおこなわれているからです。

苦手と思っている人でも、そこまで強い苦手意識を持たなくてもいいでしょう。

面接の質問内容に対して苦手意識を持たないようにしましょう

面接の場では、どんなことを聞かれるのか、質問内容が気になって仕方がないでしょう。

苦手意識を持つ人も多くいます。

面接の場では、人材派遣業であっても、大変緊張するのが当然です。

自分を良く見せようと思ってしまい、思わぬ失敗をしてしまうことも出てきます。

ですが、そこまで気にする必要はありません。

質問内容は重要ですが、そこにこたえられるかどうかが問題です。

自分がこれまで働いてきて身につけてきたようなことや、なぜその仕事がしたいのかといった職歴の確認や理由を知りたいと思い質問をします。

そこに自分の短所が見えてしまったとしても、それは問題として捉えるわけではありません。

逆に長所を生かせるような仕事を見つけられるかどうかを考えているからです。

短所を見つけて、ふるいにかけるわけではありません。

仕事としてスムーズに遂行できるかどうかを判断するのですから、神経質になる必要はないということです。

面接内容に対する経験を積みましょう


面接が苦手で質問内容が気になるときには、経験を積むことが重要です。

人材派遣の面接では、そこまで緊張する必要はありませんが、これも経験があれば心配もなくなります。

何度も面接を受ければ経験も積めますが、実際には難しいことになるでしょう。

ならば、だれかを相手に面接の練習をするのが対策です。

友人や家族でも構いません。

できれば、面接官をおこなった経験がある人が適切です。

大学生であれば、卒業までに何度も面接を受けているはずですので、練習相手にはいいでしょう。

質問内容に関しても、シミュレーションをしていきます。

人材派遣の面接でも大きな違いがあるわけではありませんので、協力してもらえれば強い味方になるはずです。

経験を積めば、どんな質問がきても対応できるでしょう。

知らないことも出てきますし、答えられないこともあるのが当然です。

この状況であっても、自然に対応できるようになるまで練習をすれば、面接は何も怖くありません。

質問の内容よりも、日常から多くのことに関心を持ち、自分でやってきたことは何かを整理しておく方が重要です。

面接の時の注意点はひとつです

質問内容が気になるのは、だれでも同じことです。

人材派遣の面接でも、何か珍しいことではなく、だれもが緊張しながら入ってきますし、受け答えもしています。

質問内容を考えた時に、永遠と掘り下げていくようなこともありませんし、関心がなさそうな質問を続けていくようなことはしません。

ましてや、緊張感やストレス耐性を見るための圧迫面接のような無意味な方法をとる意味もないため、一般的な会話に近い状況になるでしょう。

そもそも心配する必要はないといっても過言ではありません。

ただし、一般常識があるかどうか、希望している職種に対する知識はどの程度かは確認します。

社会一般としてニュースになっていることや、現在募集を掛けている職種にマッチできるかどうか、基礎的な部分での質問はしなければ、ミスマッチになるからです。

お互いに不幸な状況を作ってしまうため、わかることは正確に、わからないことはわからないと伝えれば問題はありません。

そのためにも、変に緊張はせず、リラックスして臨むことが一番といえるでしょう。

(まとめ)人材派遣の面接でおこなわれる質問内容とは?

1.人材派遣の面接で聞かれる質問内容には狙いがあります
人材派遣の面接での質問内容は、どんな人なのかを知ることが狙いであり、一般の新卒でおこなわれる面接とは重要度が異なってくるため、強い意識を持たなくても済みます。

2.面接の質問内容に対して苦手意識ないようにしましょう
面接の質問内容を気にすることは必要ですが、なにも自分の短所を隠したりおそれたりする必要もありません。

自分がどんなことができるのか、その長所をはっきりと出せばいいからです。

3.面接内容に対する経験を積みましょう
経験を積むことも、面接の対策として重要です。

質問内容に関しても、大学生などはシミュレーションを繰り返しているため、協力してもらえれば練習になり経験も積めるでしょう。

4.面接の時の注意点はひとつです
一般的な会話に近いのが、人材派遣の面接の特徴です。

そこには、ミスマッチを避けるための狙いがあるのですから、わかることは正確に、わからないことはわからないと伝えるのが大切といえます。

著者紹介

プロフィール:佐々木 良和
派遣会社コンサルタント。延べ約1,000人の転職のアドバイスを行い、転職に関わってきた。モットーは「転職者の決断に悔いをさせない」。その豊富な経験を基に多くの人が悩む面接時の悩みに答えるコンテンツを発信中。